このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ホーム

NPO法人JAAA

在庫上方
メンテナンス作業実例
板金塗装作業実例
ショップ案内
ラシーン品質鑑定
ラシーン専門書籍
ラシーンミニチュア
オーダー販売
レンタカー
オリジナルラシーン
FAQ
ロードアシストサービス
自動車保険
フォトギャラリー
イベント情報
鑑定のポイント1 第三者機関による鑑定
クルマの鑑定を行う第三者機関は、NPO法人 日本自動車鑑定協会。第三者の立場から、消費者の中古車に対する不安を取り除き、満足を提供していくための活動を行っている団体です。
<主な活動内容>
・消費者に向けた中古車の情報開示
・販売店に向けた品質鑑定の請負
・業界に向けた査定義務の確立と浸透
・査定に関する情報提供
鑑定のポイント2 4つの鑑定ポイント
鑑定項目は外装、内装、機関、修復歴の4つ。プロの鑑定師がチェックし、それぞれの項目についてグレードを定めています。
車体(車両外装評価)
気になるようなキズやへこみがあった場合は綺麗に補修済みですが、小さなキズやヘコミが残っている場合もあります。
気になるキズやヘコミは補修済みですが、小さなキズやヘコミが残っています。
気になるようなキズやヘコミがあります。
外観を気にしない方向けのお車です。
補修を必要とするお車です。
内装(内装状態を表す評価)
気になる汚れ等がない綺麗な室内を保っています。
気になる汚れ等が、部分的にあります。
気になる汚れ等があります。
内装を気にしない方向けのお車です。
補修を必要とするお車です。
機関(機関系の状態、不具合を表す評価)
正常
:主要機関に不具合はありません。
要整備
:手を加えた方が良い不具合があります。
※確認項目は次の7項目として、 鑑定時点での明らかなる異常の有無を確認します。
エンジン・トランスミッション ・ドライブシャフトブーツ・ 排気(音)・エアーコンディショナー・パワーステアリング・パワーウィンドウ。
修復歴
:骨格部位に異常はありません。
有 軽度
:骨格部位の先端付近、または後端付近に衝撃を受けた形跡があります。
有 中度
:骨格部位に衝撃を受けた形跡があります。
有 重度
:客室付近の骨格に衝撃を受けた形跡があります。
修復歴については、「無」のグレード以外、社団法人自動車公正取引業議会が定める基準にて「修復歴車扱い」となる車両です。